コースターのデザインを決めよう

コースター

カフェや居酒屋などを利用しているとドリンクを注文したときにおしゃれなコースターが用意されることが多いでしょう。コースターというのはカップやグラスの下に敷く紙製のシートや、ポリプロピレンが用いられたシートのことを指します。これらをグラスなどの下に敷いておくことで、飲み物がこぼれた際に防いでくれて、グラスから噴き出した水滴で机が汚れるのを防止してくれる役割があるのです。そのため、家庭でもコースターを使用している方は珍しくなく、紙製のものではなくコルク性のものを使用すれば長期的にコースターを使用できるようになっています。質より量を取って安価なコースターを大量に用意しておいても問題はありませんが、余裕がある方やこだわりたい方などはコースターのデザインを自分で考えてみるのもまた楽しみの一つになってくるでしょう。

コースターに施すデザインはどのようなもの?

便利なアイテムであるコースターなので、せっかく作成するのであればデザインにも凝ってみたいでしょう。シンプルにかわいらしいデザインを作成して、何かキャラクターをデザインしてみるのも一つの案です。特にカフェなどでは、おしゃれなデザインのコースターが準備されていて、コンセプトカフェならばコンセプトに適したデザインのコースターを準備しているので、ひとえにコースターと言ってもそのバリエーションはとても豊富にあります。また、デザイン案だけがほかのコースターと隔てる要素ではなく、コースターに使われている素材についても見ておくと良いでしょう。熱い夏場に紙製のコースターを使っていたら、グラスから噴き出た水滴によってすぐにコースターがびしょびしょになってしまいます。その都度新しいものに取り替えていると使用量もかさんでしまうのです。

コースターの素材はポリプロピレンで決まり

コースターに用いる素材として様々なものがあげられますが、ポリプロピレンを使うとコースターの耐久性が向上します。ポリプロピレンというのは水に強く、汚れてもすぐにふき取ることができますし、上からデザインをプリントしやすい素材でもあるので、ちょっとロゴなどを入れるだけでもすぐに商品価値のあるコースターが誕生します。特にユニークなデザインとして、蓄光インクで光るコースターを作成することもできるのです。このようなデザインが決まっていれば、カフェを開きたいという方もおしゃれなコースターを作成することができますし、家庭で使用するような方でも、子供受けするコースターになるので話題になること間違いなしです。また、ポリプロピレンは興行的にも量産できるようになっているので、安価に大量発注することも可能な、便利な素材として注目されています。