クレジットカード比較のメリット

クレジットカード比較をすることによってどんなメリットがあるかを検証します

クレジットカード比較することが節約の第一歩

クレジットカードを持っている人は多いですが、クレジットカード比較をすることの重要性は、理解していない人も多いかもしれません。クレジットカードでショッピングをするとポイントがつくので、現金で買い物をするよりもお得です。ポイント5倍デーなどを利用すると、実質的に5%オフで買い物ができるようになります。そのため、コンビニ、スーパーでの買い物だけでなく、ホテルやレストランなど、あらゆる場面での支払いでクレジットカードを利用する人も多いでしょう。年間で100万円以上の買い物をクレジットカードでするという人もたくさんいます。そうなってくると、たった1%のポイント還元率の違いでも、大きな差が生まれます。10年、20年と長い期間使い続けることになるかもしれないので、クレジットカードは慎重に選ぶ必要があります。

クレジットカード比較で年間1万円以上も差がつく?

クレジットカードで年間100万円の買い物をする人の場合で考えてみます。ポイント還元率が1%のカードを使った場合と、2%のカードを使った場合では、年間で1万円の差がつきます。さらに、ポイント5倍デーなどのキャンペーンを利用するなら、差はもっと広がります。クレジットカード比較で重要になる項目は、ポイント還元率だけではありません。クレジットカードはいつもリボ払いで支払いをしているという人もいます。リボ払いの手数料が年18%のカードと、年10%のカードでは、手数料でとても大きな差がつきます。支払いをリボ払いでしているという人は、手数料が最も重要になるかもしれません。普段は一括払いで支払いをしているが、電化製品などの大きな買い物をするときにだけ、リボ払いや分割払いを利用するという人は、リボ払いや分割払い専用のカードを作っておくとよいかもしれません。

クレジットカードは使い分けることもできる

クレジットカードは、1枚に絞らなければならないというわけでもありません。3枚~5枚のクレジットカードを持っていて、使い分けているという人もたくさんいます。例えば、大手の通販サイトで買い物をするときなら、その会社が発行しているカードで支払いをすると、ポイントがお得に溜まります。あまりたくさんのカードを作ることはおすすめができませんが、よく利用をする通販サイトのカードなら、作っておくのがよいでしょう。カードをうまく使い分けることで、お金を節約しましょう。クレジットカードにはキャッシング枠をつけることができますが、キャッシング枠をつけるカードは1枚~2枚までにしておくようにしましょう。なぜなら、キャッシング枠はカードローンと同じなので、あまり作りすぎると、多重債務者になってしまうリスクが上がるからです。